スタッフブログ STAFF BLOG

保険適応の白い被せ物での治療 (CAD/CAM冠)

2022年6月12日

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室 歯科医師の近藤です。

2022年4月より収載されて保険適応となった白色の詰め物、CAD/CAMインレーについて紹介させて頂いたところ、多くの問い合わせをいただいております。

そこで今回は、このCAD/CAMインレーの被せ物バージョンと言える、CAD/CAM冠(クラウン)について紹介いたします。

CAD/CAM冠は2014年4月から小臼歯(前から4番目5番目の歯)に適用が始まり、2017年12月に第一大臼歯(6番目の歯)への適応が保険収載され、その後、前歯への保険適応が広がっていきました。
現時点では、保険適応で第二大臼歯(7番目の歯)と親知らず(8番目の歯)以外の被せ物の治療はCAD/CAM冠でできるようになりました。
※第二大臼歯(7番目の歯)は、依然、保険での被せ物は銀歯のみです。オーバルコート歯科室では金属アレルギーの少ないチタン冠を使用しています。
※第一大臼歯(6番目の歯)は、保険内で治療するには上下左右の奥歯のかみ合わせがしっかりとのあること、などの条件があります。

CAD/CAM冠は、歯型を3Dスキャナーで読み込んで、コンピューター上で咬み合わせや隣の歯との位置関係も加味した形で歯の形を設計し、そのデータをミリングマシンに送って強化プラスチックのブロックから削り出して作られます。

セラミックス系の被せ物(保険適応外)と比較すると、、、
・保険適応なので、比較的にコストを抑えて白い被せ物を入れることができます。
・白さの美しさや耐久性、頑丈さはやや劣ります。
・被せ物自体の厚みを確保しなければならないので、歯の切削量がやや多めになります。

従来の銀歯(金銀パラジウム合金:保険適応)と比較すると、、、
・見た目が白色で自然な歯の色に近い。
・金属アレルギーの心配が無い。
・大きな力が加わると欠けたり割れたりすることがあります。

CAD/CAM冠は、保険適応でリーズナブルに白い詰め物が作れる、ということがポイントです。
また、保険適応外の歯やケースでも、セラミックス系の被せ物よりは価格を抑えてCAD/CAM冠で治療させていただくこともできます。
オーバルコート歯科室では各種材料を扱っており、それぞれの利点欠点・費用など丁寧に説明させていただきますので、詳細につきましては、お気軽に当院担当医やスタッフにお尋ねください。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。

医院概要

理事長
小林 伸
[ITI(International Team for Implantology)公認インプラントスペシャリスト/日本臨床歯周病学会 歯周病認定医/日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医 他]
理事長のプロフィールはこちら≫
住所
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話番号
03-5739-1625
最寄り駅
・JR「大崎」駅 徒歩4分 ・JR「五反田」駅より徒歩10分
休診日
日曜・祝日

診療時間
09:30~13:00
 14:30~19:00

土曜の診療時間は、午前は09:30~12:30、午後は14:00~16:30までとなります。


  • Topへ