むし歯になりやすいところとは?!

   

 みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室の管理栄養士 樋渡です。

.
 さて、本日は「むし歯になりやすいところとは?!」と題して、むし歯に関するお話をさせて頂きます。

 ひと言でむし歯と言っても、様々な原因があります。要件や環境が整う事でむし歯ができてしまうのです。逆を言うと、それを気をつける事でむし歯リスクを抑えられるという事なのです!今回は、そんなむし歯の正体を詳しく探っていきたいと思います🤔💭

.
◎露出した歯根◎


 年を取ると、歯ぐきが少し下がって歯根が露出します。この露出した歯根は、子どもの歯と同じくらい酸に弱くむし歯になりやすい部分です。露出したばかりのときは歯がしみます。ちょっと見たところ硬そうですが、痛みを感じる生きた細胞が、エナメル質の壁で守られていません。歯周病になった歯、かぶせる治療をした歯は年齢以上に歯根が露出する危険があります。歯周病になった歯ぐきは、炎症のあるときには腫れていてわからないのですが、口の中をきれいにして、歯肉が引き締まると、歯ぐきは下がってしまいます。かぶせたものの縁が、歯ぐきに隠れる処置をしても、よほど適切な処置でなければ、2〜3年で歯ぐきは下がります。

 間食が多い人や、常用する薬のために唾液が少なくなっている高齢者は、子どもと同じように要注意です。

.
◎むし歯になりやすいところ◎


 成熟した大人の歯は、そう簡単にはむし歯になりません。大人の歯がむし歯になるきっかけは、生え始めの歯質が弱いときにできることが多いのです。生えたばかりの水久歯の場合は、ちょっと油断するとすぐにむし歯をつくってしまいます。むし歯になりやすい部分は、大人になってもむし歯になりやすい部分です。

 とくにむし菌になりやすい部分は、次の3カ所です。
★奥歯のかみ合わせの面にある溝の部分
★隣り合う歯と歯の間
★奥歯の外側にある溝

 奥歯のかみ合わせの溝は生えてしばらくはとくに守りの弱い部分です。しかも、食べかすもむし歯菌もたまりやすいので、最も注意が必要です。

 次に忘れがちなのが、「歯と歯の間」です。歯と歯の間は、外から見えないのでかかりつけ歯医者さんがない人の場合は、痛くなってはじめて気づくことになります。こうなるとすでにかなり大きなむし歯になっています。初期のうちでもX線写真で診査すると見つけることができます。

 このほか唾液によって洗われにくく、舌や粘膜によってこすられる機会のない部分も、むし歯になりやすい部分です。唾液の届きにくい上の前歯の外側や上の一番奥の歯の外側も同じです。

.
◎歯垢をそこにためないこと◎


 初期のむし歯を治すためには、その部分に歯垢をためないように注意して歯ブラシを使い、溶けてしまったエナメル質を強くするために、フッ化物を使います。歯と歯の間であれば、フッ化物を染み込ませたフロスを使います。歯に直接塗る場合もあります。フッ素の入った歯みがき剤も効果的です。家庭療法のために、フッ素の入った洗口剤の購入もお勧めです。フッ素はエナメル質の成分とくっついて硬い鉱物質をつくります。

 白く濁った部分がピカッと光り出したら成功です。
それでも学校の歯科健診では「C0」(シーオー)とか「C」(歯科ではむし歯のことをカリエスという。C0は削る必要はないが要注意のカリエス)にされてしまうかもしれません。せっかく治る途中のむし歯を、大人になる前に削って詰められてしまわないように、定期的に管理してもらうかかりつけ歯科医をもつことをお勧めします。

.


お口の健康から全身を元気に保ちましょう🦷🪥✨

.
参考文献:「歯科」本音の治療がわかる本/法研/熊谷崇、秋元秀俊

.
品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagram、LINE@、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP