地味に痛い口内炎

   

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーター村田です。今日の昼間は、春を感じさせる過ごしやすい陽気でしたが、夕方になると冬の寒さに戻ってしまいました。まだまだ寒い日が続きますが、体調を崩されない様、気を付けていきたいものですね。さて今回は、口内炎についてお話させて頂きたいと思います。口内炎は、できると地味に痛く、食事も患部に触れると痛みがありますし、お話しづらい事がありますよね。そんな口内炎の多くは「アフタ性口内炎」と呼ばれるもので、赤く腫れている口内炎の中心部分は白色から黄色に腫れます。

口内炎は、かみ合わせが悪く頬や唇を噛んでしまったり、食べ物で傷が付いたり、熱いものを冷まさずに急いで食べるなどして、できることがあります。

放っておいても大体1週間ほどで治るものですが、なんとも痛く不快ですので、ステロイドの軟膏やパッチを使って、炎症を早く和らげることができます。口内炎がよくできる箇所は、歯肉と頬の間、喉の奥、頬の内側、舌の縁、唇の裏側が多いです。

口内炎の代表的な原因は、実は栄養不足と言われております。豚レバーやうなぎなどに含まれるビタミンB2の不足は、口内の炎症や唇のひび割れなどに繋がりますし、マグロや牛レバーなどに含まれるビタミンB6が足りないと、口内の細菌の影響を受けやすくなります。それ以外にも身体の免疫力が弱っていたり、疲れが溜まっていたり、合わんない入れ歯を使っていたり、歯科用の詰め物の適合が合っていない、喫煙されている方も、口内炎になりやすいと言われております。

口内炎は、下記項目を気を付けて頂くと予防できると言われております。

・辛いものを食べ過ぎない

・熱いものは冷ましてから食べる

・体を休ませる

・歯科で噛み合わせを見てもらう

・歯ブラシなどで強く口内を傷つけない

・口腔内を清潔に保つ

・入れ歯、矯正器具を直したり、適合の良い詰め物に入れ直す

いかがでしたでしょうか。ぜひ皆さんも、普段から規則正しい生活、十分な睡眠を取る、栄養バランスを考えた食事を摂り、口内炎の予防に繋げていきましょう。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP