歯の神経を取る処置「抜髄」とは

   

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室 歯科医師の近藤です。

虫歯が原因で歯が痛いという経験をされた方は多いことかと思います。
痛いというまでではなくとも、冷たいアイスや飲み物がしみてキーンとなったことは誰でもあるのではないでしょうか?
では、なぜ、硬い組織である歯から痛みやしみるのを感じるのでしょうか?
結論から申し上げますと、歯の中には空洞があって、その中に神経組織や毛細血管、コラーゲン繊維など主体にした「歯髄」と言われる組織が存在するからです。

虫歯が深くなってしまうと、この歯髄に細菌が到達してしまいます。
歯髄が細菌に感染すると、歯髄に炎症が起きて、歯髄炎と言われる状態になります。
ここまで虫歯が進むと、痛みを感じるようになります。

歯髄炎になってしまうと、自然に治ることはありません。
我慢していたら痛くなくなった、という方もたまにいますが、それは歯髄が細菌にやられて完全に死んでしまっただけで、決して治ったわけではありません。
痛みや感染を取り除く為には、神経を取る「抜髄」という処置が必要になります。
この処置は、麻酔をして痛みが生じないようにしてから行うので心配はありません。

抜髄して消毒・清掃した後は、防腐剤のような材料を空洞に詰めて、上に土台と被せものをして、元の噛める状態の歯にしていきます。
しかし、抜髄をすると、栄養を供給していた毛細血管も取り除かないとならないので、歯の寿命は確実に短くなってしまいます。
虫歯は、歯髄に到達する前の小さいうちに治療することが大切です。また、深い虫歯でも、歯髄のダメージが少なければ、歯髄を残せることもありますが、適応できるかは歯の状態にもよりますので、担当医と相談してください。

抜髄になった場合は、歯の内部を徹底的に清掃する必要があるので、治療の回数がかかります。しかし、途中で治療を中断してしまうと、残せるはずだった歯に感染が広がって、保存が難しくなって抜歯になってしまうこともあります。面倒でも、根気よく通っていただければと思います。

痛みだけでなく、歯に少しでも違和感を感じたら、早めに受診するようお願いいたします。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP