小帯(しょうたい)のお話

      2023/09/18

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。今日は、秋らしく過ごしやすい1日でしたね。10月も早くも終盤に差し掛かりました。つい先日、10月に入ったばかり…本当に1日があっという間に過ぎていきますね。

では、今日は「小帯(しょうたい)」について、お話したいと思います。

小帯とは、口唇または舌の間についている薄い「すじ」または「ひも」のようなもので本来、誰にでもあるものです。上の前歯の歯ぐきと口唇の間にあるものを上唇小帯、下の前歯の歯ぐきと口唇の間にあるものを下唇小帯、上下の奥歯の歯ぐきと口唇、頬の間にあるのが頬小帯、下の前歯の歯ぐきと舌の間にあるものを舌小帯と言います。

↑上唇小帯     ↑舌小帯

この小帯が、短かったり、異常に発達していると、歯並びに影響が出たり、日常生活で支障をきたすことがあります。例えば、写真にあるような上唇小帯ですと、すきっ歯になったり、歯磨きしにくく、汚れがたまりやすく、前歯がむし歯になりやすくなります。また、前歯を磨く際、小帯が傷つきやすく、それが原因で歯磨きを嫌がる事があります。舌小帯の異常が見られる場合、滑舌が悪く、早口言葉が言えない、長時間話をすると、舌が疲れたり、早く話をすると、舌がもつれる事があります。また、舌を出した時に、舌先がハート型になるのも特徴の一つです。

小学生1年生頃の前歯の生え変わり頃までは、様子を見ていて大丈夫ですが、小帯が原因で「正中離開」になりそうな場合は、小帯切除が必要となります。舌小帯の場合は、舌を上に動かすトレーニングを行なって、症状に改善が見られれば問題ないですが、それでも、難しい場合は、小帯切除が必要になります。小帯の切除は、部分麻酔でレーザーによる切開を行いますので、術中の痛みもほとんどありませんので、安心して受けられる治療です。もし、お子様のお口の状態で気になることがありましたら、ぜひ、オーバルコート歯科室にご相談ください。
品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagram、LINE@、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP