被せ物を長持ちさせるには

      2023/09/18

こんにちは!品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室 赤澤です

最近日中の気温が暖かくなってきたので、すごしやすくなりましたね!

春になると目黒川の桜がきれいなので、心待ちにしています!

 

さて今回のブログは【被せ物を長持ちさせるには】についてです!

虫歯治療が終わり、人工歯の被せ物が入ると、「これでもう歯科医院にしばらく通わずにす

むな」と思う方は多いと思います。ですが、被せ物を長持ちさせるためにはその後のメンテ

ナンスがとても重要になります。

被せ物の下には、虫歯を取り切った後のご自身の歯(天然歯)の土台があります。

この土台の歯のケアを怠ると再び虫歯になったり、歯周病になってしまいます。

被せ物の治療の寿命はこの土台の歯の耐久性次第です。

被せ物と天然歯の土台の継ぎ目あたりは、歯茎の溝もあって、歯茎と被せ物の境目あたりを

丁寧に歯磨きしていないとプラークが溜まり、虫歯ができやすくなります。

土台の歯は被せ物に隠れて見えず、治療により神経も取ってしまっているため痛みも出ない

ため、ご自身で気づかないうちに虫歯が進行しやすく、治療が手遅れになってしまうことも

あります。

さらに土台が虫歯になってもろくなると、噛む力への耐久性が落ちて割れてしまうこともし

ばしばあります。

割れてしまった歯は、ほとんどの場合抜かざるを得ません。

ご自身では被せ物の土台の虫歯や傷みに気づくことは難しいため、早期発見のチャンスを逃

さないためにも、お口に被せ物がある方は定期的に歯科のメンテナンスに通ってください!

レントゲンを撮影したり、土台の歯の状態チェックや、歯磨き指導、毎日の歯磨きでは取り

切れないプラークを徹底的に除去する歯のクリーニングなど、治療した歯を長持ちさせるた

めのトータルケアが受けられます。

再度虫歯にならないためにも、ぜひメンテナンスを受けていただき私たちと一緒にお口の健

康を守っていきましょう

 

 

コロナウイルスやインフルエンザなどまだまだ警戒が必要です。

皆さん手洗い、うがい、マスクをして感染予防対策をしっかりして下さいね!

 

 

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-6734-0064(2/1~こちらの電話番号に変更致しました)
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagramやっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。

 

 



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP