歯の詰め物が取れてしまったら…?

      2023/09/18

皆さま、こんにちは🎄
品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。今日はクリスマス🎅、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
クリスマスが終わると、あっと言う間に年越しモードに突入しますね💨
毎年この時期になると、歯の詰め物が取れてしまい歯科医院に駆け込む方がおられます。
そんな時、どうすれば良いかの対処法、注意点を何点か挙げさせて頂きたいと思います。

●取れてしまった詰め物は保管しましょう

もし食事中、歯磨き中に取れてしまった詰め物ですが無くなさない様、小さな入れ物に入れて保管し、速やかに歯科医院に受診しましょう。特に金属の詰め物などは状態によっては再装着することができる可能性があります。この時注意して頂きたい事は自分で無理して入れ直さない事、市販の接着剤で装着しないようにしましょう。
自分で入れ直した際、再び取れてしまったり、誤飲する可能性も高いので避けましょう。詰め物が取れたら、すぐにむし歯になる訳ではないので、2週間程度はそのままでもむし歯が進行する可能性は低いです。なかなかお仕事などで歯科医院に受診できない方は遅くとも1カ月以内に受診するようにしましょう。

●歯科医院に受診するまでにしておく事

歯磨きは通常通りして頂いて大丈夫です。特に詰め物が取れてしまった場所は食べかす、汚れが溜まりやすい環境になっていますので、より念入りに磨く必要があります。また詰め物が取れてしまった歯は、健康な歯に比べて弱くなっていますので食事する際は、知覚過敏を引き起こしやすくなっているので、冷たい物、熱い物は極力控えましょう。後は歯が欠けてしまう原因になりますので、なるべく反対側の歯を使うようにしましょう。

●詰め物の型取りをした際に入れる仮の詰め物について

詰め物が取れて歯科医院に受診した際、むし歯が広がっていたり、詰め物が劣化、適合が悪いと、再装着できず新たに型取りを行う場合があります。最終的な詰め物が出来るまでの間、仮封(かふう)と言って仮のフタを入れて過ごして頂きます。名前の通り仮に詰めるフタですので、ガムやグミといった粘着性のある食べ物は簡単に取れてしまいます。できれば控える事が望ましいですが、お正月にお餅を食べる機会が多いと思います😅反対側の歯を使って食べるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?詰め物が取れてしまったら慌ててしまいますよね?オーバルコート歯科室は年内28日午前中まで診療していますので、何か歯のトラブルがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいね。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagramやっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP