その不調、金属アレルギー?

      2023/09/18

皆さま、こんにちは!
品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。

10月も後半を迎えました😊
最近ようやく秋らしい気候になりましたね😌
朝晩、日中の気温差が激しく体調を崩しやすい時期となっておりますが皆さま、体調は大丈夫でしょうか?
私も先週末、この気温差で喉が痛くなりましたが、早めに薬を飲み、水分をたくさん摂るようにしたところ、何とか持ち堪えました😅
さて今日は金属アレルギーによる身体の不調について、お話させて頂きますね🍀

金属アレルギーは、金属イオンが体内に溶け出し、それが異物と判断した時に身体に不調が出ます。
では、どういう症状が出るのかと言いますと、アトピー性皮膚炎が身体全体に出たり、
肌がかさついたり、赤く腫れ上がったり、手のひらに水疱が出る事があり、口腔内ですと、口内炎、舌炎、歯肉炎が頻繁に出ることがあります。
体内に金属イオンが取り込まれると、タンパク質と結合し、それを守ろうと抗体が異常に反応してアレルギー症状を引き起こします。

 

 

 

 

 

 

 

金属の種類によっては、アレルギー反応がない場合もあります。例えば、金属製のネックレスや指輪などのアクセサリーを身につけていても何も反応が出ないのに、歯科治療する際に入れる金属でアレルギー反応が出る事があります。
金属アレルギーを引き起こしやすい金属は、ニッケル、クロム、コバルトなどが挙げられます。
歯科治療で扱っている金属は、
金銀パラジウム合金と呼ばれる銀歯です。
金、銀、パラジウム、銅、少量のスズ、亜鉛などが含まれています。
後、チタン、チタン合金は金属の中では加工がしづらく、人間の身体への影響が少ない金属です。歯科治療では、インプラントにチタンが使われていたり、金属床義歯と呼ばれる入れ歯にもチタンが使われていることがあります。

この金属アレルギーですが、金属が体内に溶け出して蓄積され、突然身体に症状が出ます。もし口内炎が頻繁に起きたり、皮膚アレルギーが出始めたら、皮膚科でパッチテストを受けて頂く事をオススメします。
パッチテストでは、下記金属のアレルギー反応がないかどうかが分かります💡
・アルミニウム
・コバルト
・スズ
・鉄
・白金(プラチナ)
・パラジウム
・マンガン
・インジウム
・イリジウム
・銀
・クロム
・ニッケル
・亜鉛
・金
・銅
・水銀
もし、歯科金属に含まれる金属成分がアレルギーの原因だと分かりましたら、速やかに歯科医院に、相談してみましょう!
口腔内に入っている金属をメタルフリーの材質の詰め物、被せ物に替える事で金属アレルギーの症状を軽減させる事ができます!

もし今、金属アレルギーの症状が出ていなくても、どのような金属にアレルギーがあるのか調べてみる事も良いキッカケになります💡
品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagramやっています♪
よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP