スタッフブログ STAFF BLOG

歯の着色、変色の原因について

2020年2月5日

みなさま、こんにちは😃品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。今日は、とても暖かい気候でしたが夕方から急に風が強くなりましたね。明日は冬の寒さに戻るとの事ですが、最近の話題は、新型肺炎のニュースで持ち切りですね。ドラッグストアやコンビニエンスストアでは、マスクが品切れ状態。私もやむを得ず、先日通販でマスクを購入しましたが、通常の数倍の価格で販売され、非常に驚きました!転売目的で大量の購入する方が、高額でマスクを出品されているようです。これ以上、被害が拡大しない様、1日も早く収束する事を願うばかりです。

では今日は歯の着色、変色について、お話させて頂きます。

歯の着色の原因は、内部からの原因と外部からの原因があると言われておりますが、日常生活で摂取している飲食物や嗜好品が原因になっている場合もあります。

①食べ物やタバコによるもの

コーヒー、緑茶、赤ワイン、カレー、チョコレートなどポリフェノールを含む食べ物、飲み物は着色の原因となり、日常的に摂取している方は注意が必要です。また、タバコに含まれるヤニも、歯の着色の原因になりますが、歯の表面だけでなく歯肉の色素沈着の原因でもあり、歯肉の黒ずみを引き起こします。

②加齢によるもの

加齢により歯のエナメル質が薄くなると、その中の象牙質の色が透けて見えてしまいます。象牙質は黄色っぽい色をしており、加齢によって更に色が濃くなっていきます。象牙質の色が歯の色に影響し、歯が黄ばんだように感じてしまうのです。

③神経を失ってしまった歯が原因によるもの

むし歯が神経まで進行すると、神経を取る治療を行います。神経を取ってしまった歯は、歯に栄養が供給されなくなり、それが原因で徐々に黒くなってしまいます。

以上、①~③までが主な歯の着色、変色が原因とされています。

①については、歯科医院で専用の器具を使ったクリーニングで着色を落とすことができます。②については、ホワイトニングで歯を白く明るくする事ができます。③については、歯質が多く残っている場合は、ウォーキングブリーチという治療で歯の変色を防ぐ事ができますし、セラミック系の被せ物を入れる事で、改善する事ができます。

 

もし、歯の着色、変色が気になっている方がいましたら、お気軽にオーバルコート歯科室にお問い合わせ下さいね。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-6734-0064(2/1~こちらの電話番号に変更致しました)
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagramやっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします

医院概要

住所
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話番号
03-5739-1625
最寄り駅
・JR「大崎」駅 徒歩4分 ・JR「五反田」駅より徒歩10分
休診日
日曜・祝日

診療時間
09:30~13:00
 14:30~19:30

土曜の診療時間は、午前は09:30~12:30、午後は14:00~17:00までとなります。


  • Topへ