スタッフブログ STAFF BLOG

バイオフィルムとは?

2020年1月29日

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーター村田です。昨日は1日中雨で、とても肌寒かったですが、今日は雨も上がりとても暖かく過ごしやすい1日でしたね。

さて今回は、ブログのタイトルにあります「バイオフィルム」についてお話させて頂きます。

バイオフィルムとは、口の中ではプラークの事を言い、歯の表面に細菌の膜を張り、ぬるぬるになったものでむし歯と歯周病の原因になっています。たくさんの種類の細菌が集まったバイオフィルムはうがいやデンタルリンス、抗菌剤を使用しても洗い流す事も、むし歯菌を除去することも出来ないのです。むし歯菌や歯周病菌などの悪玉菌は、自分達が歯の表面にくっついていようとのり状のネバネバした物質を作り、自分達の身を守る為にバリアー状になっています。台所や風呂場の排水溝周りのネバネバしたものをイメージして頂ければわかりやすいかと思います。そういったものが口の中にあると思うとぞっとしますよね。

細菌は酸性状態を好み、磨き残しやすい場所(歯と歯の間、歯と歯肉の境目、治療で詰めた物や、被せた物の周り、差し歯や入れ歯のつなぎ目や隙間等)は唾液の影響を受けにくく、細菌が増殖してしまいます。

では、このバイオフィルムをどうやって除去する事ができるのか?と言いますと、歯科医院で行なうPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という専門家により、機械を使用して歯の表面に付着しているバイオフィルムをキレイに剥がし取るという方法があります。専用のペーストを歯の表面に塗り、ブラシを使いプラークを除去していきます。その後は写真にありますカップというものを使い歯の表面をつるつるに仕上げていくというものになります。更に歯と歯の間の狭い部分は先の細いチップを使い、表面をツルツルに仕上げていくこともあります。

PMTCにはプラーク除去による歯肉炎の改善やむし歯の予防、フッ素の効果、色素沈着などの除去、プラーク再形成の抑制などの効果があります。

バイオフィルムは、普段しっかりセルフケアを行なっていたとしても約3〜4ヶ月で付着してしまいます。ぜひ、みなさんも定期的なPMTCを受けて頂き、お口の中を常に清潔に維持していきましょう。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagramやっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします

医院概要

住所
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話番号
03-5739-1625
最寄り駅
・JR「大崎」駅 徒歩4分 ・JR「五反田」駅より徒歩10分
休診日
日曜・祝日

診療時間
09:30~13:00
 14:30~19:30

土曜の診療時間は、午前は09:30~12:30、午後は14:00~17:00までとなります。


  • Topへ