人だけじゃない、猫も歯周病になる?

   

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療なら大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室トリートメントコーディネーター村田です。

5月も下旬を迎え、ここ最近雨が多く何だかすっきりしない天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今回は猫の歯周病についてお話しようと思います。

歯周病は、歯垢の中の細菌が歯周ポケットの内側で感染、炎症を起こし、最終的に歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、歯が抜けてしまう病気です。

猫の場合、独特の経過をたどることがあり、その一つが上顎の犬歯の周囲の骨が腫れる歯槽骨炎、犬歯の廷出が起こります。

ここで重要なのは、歯肉が腫れているのではなく、骨自体が拡大し腫れて見えるという事です。また、猫特有の症状として、歯周病になった歯がどんどん外に押し出されてしまうといった廷出が起こります。

一見すると歯が延びているように見えますが、実は歯が外に押し出されており、進行すると、歯に支えがなくなってしまい、抜け落ちてしまいます。

他にもよだれが増えたり、よだれにより猫の口回りが汚れ、口の違和感から口周りを気にする仕草をする猫もいます。また猫の歯周病は、ヒトと同じく口臭が強くなったり、歯肉の腫れがひどくなると、顔が腫れることもあり、更に重症化すると、歯肉や頬に穴が開くこともあります。恐ろしいですよね。

では、猫の歯周病を守るにはどうしたら良いのか?ですが、実は歯磨きを日常的に行ってあげることがとても大切です。できれば、毎日歯磨きを行うことが理想ですが、慣れない頃は飼い主さんの指にガーゼを巻いて、猫ちゃんの歯に付いた歯垢を取り除いてあげることから始めると効果的です。

猫ちゃんが飼い主さんの指入れに抵抗がなくなってきたら、歯ブラシを使って写真のように切歯、犬歯、臼歯を磨いてあげるようにしましょう!

大事な家族の一員である猫ちゃんを歯周病から守ってあげる為にも、飼い主さんが猫ちゃんの口腔ケアを行い、お口の健康に繋げていきましょう!

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、X(旧Twitter)、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP