お口の筋トレ! 〜口腔筋機能療法(MFT)〜

   

みなさま、こんにちは。
品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室、歯科医師の近藤です。

今回は口腔筋機能療法(oral myofunctional therapy : MFT)についてご紹介いたします。
MFTとは「歯列を取り巻く口腔周囲筋の機能を改善する訓練法」です。言うなれば、お口の筋トレです。

歯並びは、舌、唇、頬などのお口周りの筋肉から常に圧力を受けています。咀嚼・嚥下・発音時および安静時に口腔周囲筋の機能に問題があると、歯列にかかる筋圧のバランスが崩れ、歯列不正、歯科矯正治療の後戻りなど、さまざまな問題が起こります。

MFTをすると、口腔周囲筋の機能の改善になり、歯並びを正常な形態に維持するための環境を整えることで、筋圧のアンバランスに起因する問題を解決します。

MFTの内容には、①個々の筋肉の訓練②咀嚼・嚥下・発音の訓練③口唇と舌の姿勢位の訓練の3つの要素があります。

①個々の筋肉の訓練
舌、口唇、軟口蓋、咀嚼筋など、それぞれの筋肉の機能改善を図ります。筋肉の力を強めるだけでなく、緊張しすぎている筋肉をリラックスさせ、全体的にバランスのとれた状態を目指します。

②咀嚼・嚥下・発音の訓練
咀嚼・嚥下・発音時における、歯列に及ぶ口腔周囲筋からの筋圧の適正化を図ります。

③口唇と舌の姿勢位の訓練
安静時に「いつも口唇と舌が正しい位置にある」ことを目指します。この「正しい位置」は「筋圧が歯列に悪影響を与えない位置」です。顎骨が著しく成長する小児期においてMFTをすることは非常に有効であるとされており、矯正装置との併用で効果がさらに上がります。当院では、マイオブレースなどのマウスピース型矯正装着を併用することもあります。
また、矯正装置を使用せずとも、MFTのみで歯列矯正が可能なケースもあります。

①個々の筋肉の訓練
(1)唇の訓練
(2)舌の訓練
舌小帯伸展術を併用することがあります。

②咀嚼・嚥下・発音の訓練
(1)嚥下訓練
(2)咀嚼訓練
(3)発音訓練

③口唇と舌の姿勢位の訓練
「常に唇と舌が正しい位置にある」ことを重要視します。唇はリラックスした状態で閉じて、舌は口蓋にリラックスした状態で挙上し、奥歯は離れている状態を目指します。
舌尖を上前歯の後の口蓋にるスポットと呼ばれる位置に付けたまま、犬歯の後ろでストローを軽く噛み、舌が落ちてこないように支えながら口唇を閉鎖している状態を保つ訓練などがあります。

ぜひ、お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい!!

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP