乳歯むし歯の意外な原因!?

   

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室 歯科助手の石橋です。

そろそろ梅雨の季節がやってきますが、今年の梅雨入り梅雨明けは平年より早くなるようですね。梅雨期間も4日以上短くなるとか。梅雨が苦手な私にとってはかなりの朗報です♪

さて、今回は乳歯のむし歯についてお話をしていきたいと思います。

乳歯がむし歯になる意外な原因

乳歯が生えてきたお子様のお口の中はとてもキレイで、むし歯の原因となるミュータンス菌はそもそも存在していません。

ではどこからやってくるのでしょうか?

実は乳児のお口の中のミュータンス菌の約70%は大人の唾液を介して感染すると言われています。
口移しで食事をしたり、スプーンやフォークなどを共有すると、その際に大人の唾液に含まれるミュータンス菌が侵入してむし歯の原因になってしまうのです。熱いものをフーフー冷ましてあげるのも少し要注意です。

「感染の窓」とは?

乳歯の奥歯が生えてくるおよそ19ヶ月~31ヶ月(1歳7ヶ月~2歳7ヶ月)までの間は、ミュータンス菌が感染しやすい「感染の窓」とよばれている期間で特に注意が必要です。
ですが、この時期を乗り越えられれば、それ以後はむし歯になりにくくなります♪食器類の使い分けをするとともに、この時期にママやご家族のお口のミュータンス菌をいかに減らすかがとても大切になってきます。

乳歯はむし歯になりやすい

乳歯は永久歯に比べて酸に弱く、歯の表面のエナメル質も薄くて柔らかいため、むし歯になりやすく、一度むし歯になると進行がとても早いのが特徴です。
むし歯になりやすい場所は特に丁寧に磨いてあげましょう。
 3歳まで···上の前歯。歯と歯の間や歯と歯ぐきの境い目。
 3歳以降···奥歯の溝の部分、奥歯と奥歯の間。

むし歯リスクを抑えるために

大切なお子様の歯をむし歯から守るために一番大事なのは、毎日の適切な歯みがき習慣です。
フッ素入りの歯磨剤の使用や、2歳をすぎてブクブクうがいができるようになったらフッ化物入り洗口液を使うのも良いでしょう。
子供は大人のマネをするのが好きなので、パパやママも一緒に楽しく歯みがきすることでお子様の歯みがき嫌いを克服できるかもしれません♪

また、おやつはダラダラ食べるのではなく、時間を決めて、食べる回数や何をおやつに食べるのかということも大切になってきます。

歯医者さんでむし歯予防

乳歯に定期的に高濃度の「フッ素を塗布」したり、奥歯が生えてきたら、汚れのたまりやすい溝にプラスチックの樹脂を詰めてむし歯を予防する「シーラント処置」を定期的に歯科医院で行ってもらうのもオススメです。

初めての歯医者さんを「痛くて怖い場所」にしないためにも、何もトラブルがないうちから受診して、ママもお子様も安心できるかかりつけ医を見つけておくと良いですね♪

もちろん、できてしまったむし歯を治すことはもっと大切です。次に生えてくる永久歯にも影響してしまうので、早めの受診でお子様のお口の健康を一緒に守っていきましょう!

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP