ファイバーコアについて

      2023/09/18

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。今日も関東地方は、かなり暑かったですね。ここ最近、熱中症で救急搬送される方が増えています。電気代が年間通して一番かかるこの時期ですが、適切にエアコンを使用し、熱中症にならない様、気を付けていきましょう。

さて、今回はタイトルにあります「ファイバーコア」について、お話させて頂きます。むし歯等で神経を取った歯は、根管治療をし、根充材という防腐剤の薬を根管に入れます。その後は、歯の根っこを補強する為にコアという土台を立てる治療を行ってから、最終的な被せ物(クラウン)を入れます。土台治療はお家を建てる時の基礎工事と同じく、非常に大切な治療工程とも言えます。土台の材料で、上に被せるクラウンが長く使えるかどうかを左右されると言っても過言ではありません。

以前は、土台治療に金属製の土台を使われていた事が多かったですが、金属製の土台は、神経を取った歯に負担がかかり、歯根破折のリスクを高めてしまいます。また、金属の成分が溶け出し、歯や歯肉に変色が見られる事もあり、金属アレルギーのある方が使用すると、身体の一部または全身に金属アレルギーの反応が出てしまう事もあり、健康面から見てもおすすめできない材質だと言われております。

それに対し、ファイバーコアは、グラスファイバーという繊維を樹脂で固めた土台で、高い強度があります。噛み合わせによる歯への負担も少なく、柔軟性に長けており、歯根破折のリスクを減らすことができます。また、金属を使用しておりませんので、金属アレルギーの心配もありません。ファイバーコアは、金属製の土台のように光を通して黒い影が見られる事もなく、歯や歯肉への変色もありませんので、審美面でも優れている材質の土台です。デメリットとしましては、自費治療の為、上に被せるクラウンと合わせると費用が高額になることと、歯の根っこの残っている量が少ない場合は使用できないことがございます。

ファイバーコアは、神経を取られた歯にやさしい土台です。ご自身の歯を長く使っていく為には、土台の材料から、こだわっていく事が大切かと思います。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagram、LINE@、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP