乳歯が早く抜けてしまったら…?

      2023/09/18

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。今日は快晴☀、おまけに暑いですね。こんなに天気が良い関東地方ですが、この後雨が降るようですね。いよいよ梅雨入りになりそうな予感です☂

今回は永久歯が生えてくる前に、乳歯が抜けてしまった場合のお話をさせて頂きます。

乳歯には、永久歯が正しい位置に生えてくるサポートをするという大切な役割があります。乳歯があることで、永久歯が正常に生えてくるための十分なスペースを確保することができます。しかし、生え変わりの時期がくる前に、ひどいむし歯やケガなどでやむを得ず早期に乳歯を抜歯すると、前後の歯が倒れてきたり、ずれてきたりして永久歯の生える場所が狭くなってしまいます。その状態のまま永久歯が出てくると、まっすぐに生える事ができずに歯並びが乱れてしまいます。そこで役立つのが保隙装置です。保隙装置とは、乳歯が失った場合でも永久歯が生えてくるのに必要となるスペースを確保する装置で、乳歯が早期になくなったことでできた隙間に前後の歯が倒れたり、ずれたりするのを防ぐ役目を持っています。つまり、保隙装置を使うと、乳歯がなくなっても永久歯が正しい位置に生えてくるような案内役を担っているのです。やむを得ず乳歯を失ってしまった場合は、保隙装置を使って永久歯の歯並びが悪くなることを避けなければいけません。ただし、通常の生え変わりによって自然に乳歯が抜けてしまった場合は、保隙装置を使う必要はありません。生えているべき乳歯を失ってから、永久歯が生えてくるまで半年以上かかると予想される場合に、保隙装置を使う事が望ましいとされています。保隙装置には、バンドループ、クラウンループ…と様々種類があり、もともと保険がきかない治療でした。しかし2016年度から、バンドループ、クラウンループという保隙装置が保険適応になりました。

上のイラストにあるような金属の装置を装着し、隣の歯へスペースを確保をします。最初は違和感があると言われていますが、歯列矯正のように全ての歯に装着する装置ではないので、すぐに慣れて頂けます。また元々スペースが足らず本格的な矯正治療が必要になった場合も、保隙装置を使っていると期間や費用も少なく済みます。ただし、この保隙装置は永久歯が生えてくるスペース確保が目的ですので、ずれている歯並びがきれいになるというわけではないという事、装置でスペースを作っている場所に永久歯が生えてきたら、装置を外さないといけない為、歯科医院で定期的なチェックも必要です。後は、装置を付けている間は、歯磨きがしづらい環境ですので、今まで以上に丁寧な歯磨きが大切で、むし歯を作らないようにして頂く事が大切です💡

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagram、LINE@やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP