入れ歯のお手入れ方法

      2023/09/18


皆さま、こんにちは🍀

品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。
早いもので明日で10月が終わりますね❗️
2019年も残すところ後2ヶ月となりました😃
毎年同じ事を思いますが、年齢を重ねるにつれて1年があっという間ですね😅
さて、今回は入れ歯のお手入れ方法についてお話しさせて頂きます。

入れ歯は「噛む機能を回復させる道具」ですので、長く使って頂く為には、毎日のお手入れが必要です。

お手入れしないと、汚れや細菌がつきやすい、ニオイが吸着しやすい、隙間には細菌が繁殖しやすい、傷がつきやすくなります。

特に部分入れ歯を使われている方は、残された歯が歯周病、むし歯にならないようにするには、歯が抜けている所の両方の歯をお手入れする必要があります。

まず毎食後のお手入れですが、小さな入れ歯であっても必ず外しお水を流しながらお掃除します。このお手入れだけでも食べカス、汚れを大分落とす事ができます。入れ歯の材料は主にプラスチックでできていますので落とすと簡単に割れてしまいます。ですので、ご自宅で入れ歯のお手入れする時は、お水を張った洗面器の上などで行うと、入れ歯が壊れるのを防ぐことができます💡

後は、ご自身の歯を磨くように入れ歯専用のブラシ又は歯ブラシを使って磨きます。部分入れ歯に入れ歯専用のブラシを使うと細かい汚れを落としきれないので、市販の歯ブラシを使うことをオススメします。入れ歯の材料は主にプラスチックでできているので、毛先の柔らかめの歯ブラシで優しく磨くと傷がつきにくいです。

入れ歯を磨いたら、就寝前は外して入れ歯洗浄剤を溶かしたお水またはぬるま湯に入れておきます。ただ、この時熱湯を使うと入れ歯が変形する恐れがありますので、ご注意を!また洗浄剤に入れないと細菌が繁殖しやすく、汚れや色素沈着を起こしやすい、お口に入れた時に口臭や口内炎、歯周病、むし歯の原因になります。

翌朝は洗浄剤に浸けていた入れ歯を取り出し、お水ですすぎ、装着する…といったサイクルで行うと入れ歯を長く清潔な状態で使って頂けるようになります。

もし入れ歯を使わない場合は、お水を入れた容器に入れておくと、乾燥による変形、変色、ひび割れを防ぐことができます。

いかがでしたか?入れ歯のお手入れは取り外しが面倒で大変と思われた方がいるかもしれません。しかし毎日のお手入れで、入れ歯の保ちもかなり変わってきます。もし、入れ歯のお手入れ方法で分からない方がいらっしゃいましたら、お気軽にお尋ね下さいね❗️

★11月23日(土) 第2回目キッザニアをオーバルコート歯科室で開催されます!現在、申込み受付中です。皆さまのご応募、お待ちしております✨

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagramやっています♪
よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP