スタッフブログ STAFF BLOG

2次カリエスとは?

2022年1月10日

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーター村田です。本年度もどうぞ宜しくお願い致します。今年に入り、オミクロン株による感染者が急増しています。感染された人の中には、2回目のコロナウイルスワクチン接種を受けた方が多く見受けられ、重症化することが少ないと言われているものの、感染力の強い印象があります。まだまだ油断できない状況ですが、感染予防対策は続けていきたい所です。さて今回は、2次カリエスについてお話させて頂きます。

むし歯はエナメル質にあるうちは、自覚症状なくゆっくり進行し、象牙質に入ると進行速度が早くなります。金属やプラスチックは素材により多少異なりますが、人工物ですので経年劣化していき、詰め物や歯と間や、被せ物と歯肉の間に微妙な隙間ができ、そこから細菌が侵入して詰め物や被せ物の下でむし歯になっていることがあります。このことを、「二次カリエス(二次う蝕)」と言います。

下の写真にあるように、過去に治療して詰めた金属の詰め物ですが、一見すると何も問題ないように見えます。しかし、歯と詰め物にわずかに段差ができており、詰め物の適合が悪くなっています。外してみると中が真っ黒、むし歯が広がっていることが分かりますね。

次の写真も過去に詰めたプラスチックの材料と歯に大きな隙間ができており、その間に細菌が侵入し中でむし歯が広がっています。

二次カリエスの怖い所は、むし歯が詰め物、被せ物の下にできている為、発見が難しく、痛みを感じない場合も多く、気づいた頃には大きなむし歯になって広がっていることがあり、再治療を重ねるにつれて、歯を削る量も多くなり、歯の寿命を縮めてしまう原因になります。

では次に、二次カリエスを予防するにはどうすれば良いのかについてお伝えします。

①しっかりとしたプラークコントロール

健康な歯ももちろんですが、治療した歯はより念入りに磨きましょう。プラーク(歯垢)がむし歯の原因になるので、むし歯治療を終えた後も油断せず毎日きちんと時間をかけて歯磨きすりょうに心がけましょう。

②フッ素を活用

フッ素は歯質を強くし、むし歯になりにくくする効果があります。フッ素入りの歯磨き粉やフッ素洗口液を使用したり、歯科医院でフッ素塗布も予防に繋がります。

③劣化しにくく、汚れが付着しにくい材料を選ぶ

保険適用の銀歯やプラスチックのレジンは、どれだけ丁寧に治療したとしても、材料の特性上、経年劣化による材料の変色、汚れの付きやすさは否めません。なるべく再治療、むし歯の再発リスクが低い詰め物、被せ物を選択する事が歯の寿命を長くできます。

④歯科医院で定期検診を受ける

二次カリエスは、自分で見つけにくい事が多いです。定期検診を受け、適合の合っていない詰め物、被せ物のチェックしてもらうことでむし歯の早期発見につながり、歯の清掃を受けることにより、普段歯磨きで取り切れない頑固な汚れを隅々まで取り除く事で二次カリエスの予防になります。

いかがでしたでしょうか。二次カリエスの予防には、定期検診がとても大切になります。もし、詰め物、被せ物が外れてしまった場合には、そのままにせず歯科医院に受診しましょう。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。

医院概要

理事長
小林 伸
[ITI(International Team for Implantology)公認インプラントスペシャリスト/日本臨床歯周病学会 歯周病認定医/日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医 他]
理事長のプロフィールはこちら≫
住所
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話番号
03-5739-1625
最寄り駅
・JR「大崎」駅 徒歩4分 ・JR「五反田」駅より徒歩10分
休診日
日曜・祝日

診療時間
09:30~13:00
 14:30~19:00

土曜の診療時間は、午前は09:30~12:30、午後は14:00~16:30までとなります。


  • Topへ