フッ素洗口液

      2023/09/18

みなさん、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室 赤澤です。

毎日のオーラルケアに使うのは歯磨き粉をイメージされる方が多いかと思いますが、今回はフッ素洗口液をご紹介したいと思います。

一般的に、マウスウォッシュやデンタルリンスとして認識される洗口液は、近年登場したフッ素配合で本格的な口腔ケアが望めるようになりました。
フッ素はほとんどの歯磨き粉に含まれ、虫歯や歯周トラブルを予防する歯科治療でも欠かすことはできない成分です。
そんな虫歯予防におすすめされるフッ素の効果の一つは、歯の再石灰化を促進する効果です。
虫歯は、プラークにすみついた虫歯菌から酸が生産され、それが歯を溶かすことで起こります。
もともと唾液には、この溶け出した物質を元に戻し修復する、いわゆる再石灰化に導く働きがありますが、さらにフッ素の再石灰化効果を相乗することで、歯のエナメル質を健康な状態に維持することが期待できます。
特に、唾液が少ない睡眠時には、フッ素の働きが活躍します。
さらに、虫歯菌の酸の生産をおさえてくれたり、エナメル質の強化する効果もあり、虫歯に強い口腔環境づくりをしてくれます。
このように歯の再石灰化、酸の抑制、歯質強化の3つの点から働きかけるフッ素は、虫歯予防にはなくてはならない存在です。

歯磨き粉にもフッ素が配合されていますが、洗口液にもフッ素配合をする理由は、口内に残る唾液中のフッ素滞留量が関係しています。
まず、フッ素が虫歯や歯周トラブルの予防効果を発揮するには、フッ素を歯にしっかり吸着させる必要があります。
つまり、歯の表面にフッ素を残すことで、より効果的に虫歯予防ができます。
一方、歯磨きの最後には、発泡した歯磨き粉をゆすいで吐き出しますが、実は歯磨き粉に含まれるフッ素も同時に吐き出しています。
全てのフッ素が吐き出されるわけではありませんが、歯磨き後はしっかりゆすぐ方も多く、唾液中のフッ素滞留量は低くなります。
そこで、それをカバーし、よりフッ素滞留量を高めてくれるのが洗口液です。実はフッ素洗口液はとても優秀なのです!
洗口液では、口内の隅々までフッ素を行き渡らせ、最後は軽く吐き出す程度で済ませるので、唾液中のフッ素滞留量はより高くなり効果的な虫歯予防が期待できます。
ただし、歯磨きだけでは不十分というわけではないので、口腔状態を見ながら歯磨きと併用していくのがおすすめです。
フッ素洗口液を使うタイミングは就寝前の歯磨き後です。睡眠中は歯の再石灰化を促す唾液の分泌量が減少します。
また、唾液には口内を洗い流して抗菌する自浄作用という働きも備わっているため、唾液が少ない睡眠中は細菌が繁殖しやすい環境になります。
起床時に口の中がねばついたり、口臭が気になったりするのはそのせいです。
つまり、フッ素配合の洗口液を就寝前に使うことができれば、フッ素がしっかり口内に滞留し、睡眠中に活発化する細菌を抑制できます。
当院でもフッ素洗口液を取り扱っております!ぜひ私たちと一緒に虫歯ゼロを目指していきましょう!

 

 

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagram、LINE@やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします

 



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP