オーラルフレイルを知っていますか?

   

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室、管理栄養士の斉藤です。暦の上では立秋を過ぎましたので秋になりますが、今年も例年通り暑い日が続いており秋らしさは微塵も感じませんね。

さて、みなさま「オーラルフレイル」という言葉を耳にしたことはありますか?今回はオーラルフレイルについてお話しようと思います。

★オーラルフレイルとは?

「フレイル」とは、健康な状態から要介護状態になる手前の段階で、支援は必要ではないが、筋力、認知機能などが以前より衰えてしまい、心身の活力が低下した状態をいいます。フレイルに陥ってしまうと、日常生活が障害され、高齢の方は要介護のリスクが高い状態になりやすいと言われています。オーラルフレイルとは、フレイルのきっかけとなる口腔機能の衰えのこと言います。口腔機能が低下すると、食べ物や唾液が気道に入ってしまい誤嚥を起こしやすくなり、誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。

★オーラルフレイルのセルフチェック

オーラルフレイルフレイルには以下のような症状がみられます。

□かたいものが食べにくい

□汁物でむせる

□口の乾燥が気になる

□話すときに舌が引っかかる

□口臭が気になる

□食事にかかる時間が長くなった

□食べこぼしがある

□食後に口の中に食べ物が残りやすい

★口腔機能を維持し、オーラルフレイルを予防するには

①口腔内を清潔に保つ

口腔内の清潔が保たれないと、虫歯や歯周病のリスクが高くなり、結果として歯を失ってしまいます。歯を失ってしまうと、「食べる」「話す」などが難しくなってしまいます。歯磨きやマウスウォッシュなどのセルフケアも大切ですが、歯科医院での歯石除去などの定期的な清掃と検診を受けることも大切です。

②口腔機能を保つ

口腔機能とは、「噛む」「のみ込む」などの生命に関わる機能と「発声する」「笑う」といった日常の生活に欠かせない機能です。唇や舌、喉や口周辺の多くの筋肉の働きを衰えさせない必要があります。自分でできるトレーニング方法を紹介します。

パタカラ体操

①「パパパパパパパパ」…唇をはじくように

②「タタタタタタタタ」…舌先を上の前歯の裏につけるように

③「カカカカカカカカ」…舌の奥を上顎(あご)の奥につけるように

④「ララララララララ」…舌をまるめるように

※①~④を2セット行う。

オーラルフレイルはフレイルの手前の段階で症状が現れます。口腔機能が低下すると、話すことが減るだけでなく、栄養状態の悪化で筋肉がやせ、体力が低下して外に出かけることも少なくなってしまいます。社会とのつながりが少なくなると、さらに心身の活力が低下、要介護になってしまうこともあると言われています。健康で長く居続けるためにも、定期的な歯科検診、セルフトレーニングをおすすめします。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ

〒141-0022

東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F

TEL:03-5739-1625

皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています

Facebook、Instagram、LINE@、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP