歯の本数が多い?

   

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーター村田です。昨夜の関東地方の地震、皆さま大丈夫でしたでしょうか?地震が起きた当時、ちょうど家に着いた直後で、スマホから地震速報が流れ、揺れが収まるまでジッとしておりました。また余震が発生する可能性がありますので、皆さま、くれぐれも身の安全を守りましょう。

さて今回は、過剰歯についてお話しようと思います。通常、永久歯は上下28本(親知らずを入れると32本)ありますが、過剰歯というのは、その名の通り、通常より歯の本数が多い事を言います。

過剰歯は、上の前歯の真ん中付近や親知らずと奥歯の間に発生しやすく、偶然、顎の骨が写る大きなパントモ写真を撮影した時に発見したりする事もあります。大体30~40人に1人くらいの割合で発生し、そこまで珍しいわけではありません。過剰歯は、遺伝などが原因と考えられていますが、詳しい理由は、現時点ではわかっておりません。

歯並びに影響が出てしまう可能性のある過剰歯は、場合によっては、治療が必要な事があります。

大人になってから、過剰歯を治療するとなると、骨が硬くなっている事があり、痛みや手術の時間が長くなる場合があります。口腔内に通常の歯と違う歯を見つけたら、早めに歯科医院を受診しましょう。お口の中の状態を見て、すぐに抜歯すべきか、その後に歯列矯正が必要かなど、診断させて頂くことになります。

過剰歯には、正常な歯と逆向きに生えてくる「逆性過剰歯」や真横に向いている「水平埋伏歯」、同じ方向に生えてくる「順正過剰歯」などございますが、隣り合う歯に影響がなく、口の中に生えてきそうであれば生えてから抜歯する事が多いです。

過剰歯があることによって、及ぼす影響ですが、

・周囲の歯並びが悪くなる

・すきっ歯になる

・永久歯が生えてこない

・過剰歯が鼻腔側に移動してしまう

・永久歯の歯根を溶かしてしまう

・埋まっている過剰歯の周りに嚢胞ができる

と言った影響が出る場合も、抜歯の対象となる事が多いです。

また永久歯等の影響が少ない時は、経過観察する事もあります。

もし、お口の中を見て、いつもと違う歯が生えているのを見つけたら、まずは歯科医院でご相談頂き、適切な診断、治療法をご提案させて頂きます。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP