正しいうがいの仕方について

      2023/09/18

皆様、こんにちは!
品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。

世界的に猛威を奮っている新型コロナウイルス。日本各地で連日感染者が発生し、東京もとうとう今週末の外出自粛要請が出てしまいました。なかなか見えない敵との闘いに終わりが見えず、気分も沈みがちですが、私たちでできる予防である手洗い、うがいをしっかり行ない、打ち勝ちたいものです。

さて今回は、新型コロナウイルスの予防の一環である「うがい」について、お話させて頂きます。

まず「うがい」には、ぶくぶくうがいがらがらうがいの2種類あります。ぶくぶくうがいは、お水を適量含んで口を閉じ、頬を膨らませたり戻したりを素早く行う動作で、食べかすを取り除く口腔内の浄化が主な目的です。

がらがらうがいとはお水を含んで上を向いて口を開けながら、息を吐くように行う動作のことで、喉の方の粘膜に付着した細菌や埃を除去して細菌感染を防ぐ事が主な目的ですが、喉の粘膜に生えている線毛の働きを活性化する効果があるとも言われております。

正しいうがいの仕方ですが、まずぶくぶくと口腔内をゆすいでから、喉の奥でがらがらを繰り返す事がコツだと言われています。最初からがらがらうがいをしてしまうと、口腔内に溜まった細菌が喉の奥に流れてしまい、うがいの意味が無くなってしまいます。

〜正しいうがいのながれ〜

①口にお水を含み、少し強めに「ぶくぶく」と口の中をゆすいで吐き出します。
②口に水を含んで上を向き、約15秒、喉の奥でがらがらうがいをして吐き出します。
③もう一度がらがらうがいを約15秒行って終了です。

以前も新型コロナウイルスに関するブログ(https://oval-dc.net/blog/?p=1781)を書きましたが、一番細菌が入りやすい口腔内を常に清潔に保つ事が今回の新型コロナウイルスだけでなく、風邪やインフルエンザ、誤嚥性肺炎の予防にも繋がります。皆様も正しいうがいができているか?一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-6734-0064(2/1~こちらの電話番号に変更致しました)
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています
Facebook、Instagramやっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP