ワンタフトブラシの使い方

   

みなさま、こんにちは。品川区 大崎・五反田の歯科治療ならオーバルコート歯科室トリートメントコーディネーターの村田です。今日から9月に入りました!早いもので2021年も後3ケ月で終わります。年齢を重ねるにつれ、1年があっと言う間に感じてしまいます…💦今年も思い残す事なく、全力で駆け巡ろうと思います。

さて、皆さん、ワンタフトブラシはご存知でしょうか?下のイラストにあるような歯ブラシよりもヘッドが小さいブラシです。

毛の本数は歯ブラシより少なく、別名「1歯用ブラシ」「ポイントブラシ」とも呼ばれています。

このワンタフトブラシですが、通常サイズの歯ブラシでは磨き残してしまうような歯の隙間や汚れにも、アプローチできます。歯科先進国であるスウェーデンでは、ワンタフトブラシをメインの歯ブラシとして使用している人がいるくらい、清掃力の高い優れたアイテムなのです💡

ワンタフトブラシは、一番奥の歯、前歯の裏側、歯並びの悪い所、口の内側に倒れて生えている歯、生え始めた親知らずといった箇所に磨くのに適しています。ワンタフトブラシを鉛筆を持つように持って、歯と歯肉の境目を、なぞるように磨いてあげると歯垢が歯周ポケットから掻き出されやすくなります。

特に奥歯は、歯ブラシの毛先が当たりにくく、汚れを残しやく、むし歯や歯周病の進行しやすい場所です。そういった磨きにくい場所にワンタフトブラシを使うと、ヘッド部分が小さく、歯ブラシの柄の部分も細いので、お口を閉じ気味にすると、奥歯まで毛先を届かせる事ができます。また、インプラント周辺やブリッジを入れている橋渡しにしている歯(支台歯)、ダミー部分や、矯正装置を付けている周辺も、ワンタフトブラシを使って磨くと、細かい汚れを取り除くことができるので、オススメです💡

ワンタフトブラシを使うタイミングは、通常の歯ブラシで全体を磨いた後に、磨きにくい箇所、より丁寧に磨きたい部分をワンタフトブラシを使って磨くと、効率的です💡

ちなみにワンタフトブラシの交換時期は、通常の歯ブラシ同様、毛先が開いてきたら、交換の目安です。使用頻度によって異なりますが、大体1ケ月毎に交換すると良いとされています。

歯全体を通常の歯ブラシ、歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシ、そして、磨きにくい歯には、ワンタフトブラシとそれぞれ使い分けることで、むし歯、歯周病予防に繋がります。ぜひ、皆さんもワンランク上の歯磨きを目指してみてはいかがでしょうか✨

品川区 大崎・五反田の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療 予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら
話をよく聞き、気持ちに寄り添う診療を 大崎の歯医者(歯科)オーバルコート歯科室 へ
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー東京サウス1F
TEL:03-5739-1625
皆様の来院をスタッフ一同「笑顔」でお待ちしています。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube動画配信やっています♪よろしければ”イイね”や“フォロー”で応援よろしくお願いします。またLINEでの無料相談も受け付けております。お口の事でお困りの方、悩まれている方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。



医療法人社団KDS 大崎オーバルコート歯科・矯正歯科室:https://oval-dc.net/

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-16-1 ザ・パークタワー1F
電話:03-5739-1625

電車でお越しの方:
JR線「大崎」駅より徒歩4分
JR線「五反田」駅より徒歩10分

PAGE TOP