審美歯科Cosmetic Dentistry

口腔内スキャナ 3SHAPE TRIOS 3

印象の負担を軽減し、チェアタイムを短く

Trios by 3SHAPE

歯の型を取る時に「印象」と呼ばれる柔らかい素材で型取りをされたことがある人も多いのではないかと思います。

患者様にとっては単に「白い詰め物・かぶせ物」を入れるだけではないのと思われるかもしれませんが、それは違います。

お口いっぱいに、冷たい粘土のようなものを入れ、4、5分じっとしていないとならない印象は不快感が大きいため、抵抗のある方も少なくないのではないでしょうか。

オーバルコート歯科室では、特に精密な印象が必要なケースには、光学印象採得を行っております。TRIOSオーラルスキャナは小さな口腔内カメラでフルカラー、3Dで撮影する事が出来ます。

Trios by 3SHAPE

Trios by 3SHAPE

これは口腔内を高解像度でスキャンし、コンピュータで立体的に解析する事で、粘土を使って取った歯型と同じかそれ以上の治療を行う事が出来る「デジタル印象採得装置」です。

この装置により、歯型を取る時の不快な気持ちを軽減し、歯型の採取までのお時間を大幅に削減する事が可能となり、快適な治療をより推進する事が可能になりました。

シェード測定機能を利用した高精度な「歯の色を測定」

Trios by 3SHAPE

被せ物や詰め物など、自然の歯の色に近づけるために一般的にはシェードと呼ばれる「歯の色見本」を使用して目視で作成しますが、このTRIOSオーラルスキャナのシェード機能を利用する事でコンピュータが正確な色を算出し、被せ物や詰め物などの制作に素早く正確な情報を得ることが出来ます。

担当者の目や光の当たり具合という不可抗力に影響されずにいつも正確な数値として歯の色を算出出来る為に仕上がりの歯の色は事前のシュミレーション通りになりますので、早く安心して満足度の高い治療を行う事が出来ます。

高解像度のカメラで「口腔内カメラ」として

Trios by 3SHAPE

高感度のカメラを搭載しているため、治療患部だけでなくお口の中全体の経過観察の為に撮影する画像撮影用のカメラとしても活用できます。

歯の面にある小さなヒビや見えづらい場所のむし歯など高解像度でないと見ることが出来ない場所を正確に把握、記録する事が可能です。歯科医院で治療をするため歯を削った後に「じゃあ歯型をとりますね」と言う言葉を聞いた時、嫌だな、苦手だなと思う方、けっこう多いのではないでしょうか。

歯型をとったり、歯ブラシをしたり、バキュームを入れられたりした際に気持ち悪くなってしまう反応を、嘔吐反射と言います。これは個人差がとても多く、平気な方は平気ですが、嘔吐反射が強い方はミラーが入っただけでも嘔吐感におそわれてしまいます。原因は生理的な反応が強いことや、過去の歯科治療のトラウマだったり、口呼吸だったりとさまざまなものが挙げられています。

しかし歯型を取ると言うことは歯科の治療において必要不可欠です。歯型をとらなければ歯にかぶせる技工物は作れません。

少しでも楽にかつ良いものを提供できるよう、オーバルコート歯科室は歯科治療の新時代の幕開けとなる口腔内スキャナを導入しております。

従来の歯医者さんでの型取りは粘土のような柔らかい物を練って口の中で固めていました。

このトリオス3は光学印象といって直接口の中で写真を撮り、3Dデータとして映像化してしまう優れもの。

口腔内に入れている時間も短く、スピーディーに型が取れるようになっています。 また、カメラの性能もよく、色調の再現性も信頼できるものになっております。

このデータを元にCAD/CAMや3Dプリンターで歯の修復物やインプラント用のガイドの作製ができ矯正治療にも応用できます。

これまでの型取りが苦手な方は、お気軽にお声をかけてください。

矯正での診査、診断

Trios by 3SHAPE

矯正の歯を動かす角度、距離などを事前にCTと重ね合わせ診断することが可能です。


  • Topへ