一般歯科 General dentistry

オーバル式-可能な限り「痛みを抑えた」歯科治療

オーバル式-可能な限り「痛みを抑えた」歯科治療

「痛み」は誰にとっても嫌なものですよね。
最近では歯科医療も進歩し、可能な限り痛みを抑えた治療が可能になっています。
オーバル式の「可能な限り痛みを抑えた歯科治療」をご紹介いたします。

Step1 表面麻酔

表面麻酔

事前に、注射する部分に麻酔液を塗ります。
これにより注射時の痛みを抑えます。

Step2 「極細の針」を使用

「極細の針」を使用

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは抑えられます。
当院では現在発売されている中でも太さの細い針を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

Step3 電動麻酔注射の利用

電動麻酔注射の利用

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを抑える工夫をしております。また、ケースによっては手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と「手動」を併用しています。

電動麻酔注射の利用

また、患者様が虫歯治療を嫌がる理由として「歯を削る時の」があります。
当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。
具体的には「5倍速コントラ」という機器を使うのですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、その分、機器の音が格段に小さくなります。
その他、「早い回転で削る」ということは「ブレ」が少なくなるため、歯を削る量も少なくできます。
そして、「歯を削る時の振動」も通常よりも軽減されますので、患者様には好評をいただいております。

オーバル式-可能な限り「歯を削る量の少ない」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻る事は二度とありません。
そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。
当院では、長期にわたってご自身の歯で健康に生活して頂くために「可能な限り歯を削る量を少なくする」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。
本章では、どのようにして、可能な限り「歯を削る量を少なくする」かをご紹介します。

こだわり1 視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部分がしっかりと見えなければなりません。従来までは「肉眼」で見える範囲での治療でしたが、当院では「拡大鏡」や「マイクロスコープ」というものを利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行っています。

下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較となります。
どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然ですね。

肉眼で見た場合/拡大ルーペで見た場合

こだわり2 必要最低限の部分のみしか削らない「極細ドリル」

必要最低限の部分のみしか削らない「極細ドリル」

歯はバーと呼ばれる「ドリル」で削ります。
このドリルが太ければ歯は大きく削れますし、細ければ細いほど必要最小限の歯しか削らずに済みます。
当院では、現在利用できるドリルの中で細いドリルを利用し歯を削りますので、健康な歯まで削る事はありません。

こだわり3 虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分をしっかり除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、柔らかくなった部分を削っていきます。しかし、この方法では、感染部位を正確に除去することはできません。
しかし、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、歯を削る量を少なくすることができます。

オーバル式-可能な限り「美しく」する治療(保険でも対応)

虫歯治療後には「銀色」の詰め物・かぶせ物を装着されると多くの方が思っていると思います。当院では患者様の「健康」、そして「口元の美」を考慮し、可能な限り銀歯を使わず、白い詰め物などで対応しています(メタルフリー治療)。

これは保険治療であっても同様です。

皆さんはあまり認識されていないかもしれませんが、銀歯を付けていると金属イオンが流出し、「体の健康を害する」ことがあります。例えば、「皮膚のかゆみ・かぶれ」「アレルギー性皮膚炎」「じんましん」「頭痛」「肩こり」などなど。

その他、「色が目立つ」こともそうですが、「歯茎に金属イオンが沈着」することで、見た目が悪くなってしまう事もあります。

当院では「保険治療」でも可能な限り金属を使わない白い素材で対応していますので、是非ご相談ください。

虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

詰め物・かぶせ物には様々な種類があります。

虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類  虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類  虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

良く知られているのは、先ほどお伝えした「銀歯」と呼ばれているものですね。
これは保険適用の素材であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費診療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。

詳しくは審美セラミック治療または料金表をご覧ください。


  • Topへ