審美歯科Cosmetic Dentistry

歯を美しくするのは当然のこと。
視肉のラインを整え、嚙み合わせも考慮し、
」と「機能性」の両方を追求するのが
オーバルコート歯科室の審美歯科治療です。

オーバルコート歯科室が考える「口元の美への方程式」

オーバルコート歯科室が考える「口元の美への方程式」

審美歯科治療は非常に繊細な技術を要しますので、ドクターと歯科技工士の腕と経験がものをいう治療となります。

患者様にとっては単に「白い詰め物・かぶせ物」を入れるだけではないのと思われるかもしれませんが、それは違います。

口元の美を獲得するための最低条件は、「いかに天然歯と見分けがつかない歯が作れるか」です。白い歯を作ればいいというものではありません。その歯がお口に入った時に違和感がなく、全体との色合い・形が調和して初めて「美」の獲得ができるのです。
「人工物」と他人に見破られてしまったら、我々の敗北です。

審美歯科治療の成功・不成功のカギを握るのは、見えるところだけではなく、 見えないところにいかにこだわるか。
これがポイントです。

当院が実施している「美の方程式」をこれからご紹介致します。

方程式1 様々な事前シュミレーションを経て完成形を作成

様々な事前シュミレーションを経て完成形を作成

審美歯科治療にとって「美」にかかわる治療になりますので、非常に繊細な治療になります。
患者様にとって一番残念なことは「せっかく治療したのにイメージと違う」ということです。そうならないために、当院では、治療を行う前のカウンセリングはもちろんの事、各工程で患者様のご要望をお聞きしながら治療を進めていきます。

具体的的には、まずカウンセリングや模型、レントゲンなどから読み取った情報をもとに精密に作成した「仮の歯」を患者さんのお口の中に装着します。この仮歯は、歯が無い期間をなくすためだけに装着するものではありません。

次のような目的を達成するために行う重要なステップとなります。

様々な事前シュミレーションを経て完成形を作成

「仮歯」を入れ、上記の状態を改善していくのですが、その都度、患者さんにも仮歯を入れた状態で、色・形などのバランスを確認して頂き、問題があれば随時改善し、ドクターだけでなく、患者さんも満足する状態までこの工程を何度も繰り返します。

そしてすべての問題が改善されれば、後は素材をセラミックに変え、改善情報を組み込んだ歯を作り上げるだけになります。

ここで私が言いたいことは、このような事前の検証を一切せずに、そして患者さんの要望を聞かずに治療を進めてしまう事はNGであるということです。そのような治療法は「運だめし」と同じことで、治療とは呼べません。

しっかり、仮の歯で事前検証をし、問題が見つかれば随時改善していく。 この過程を踏むことで、初めて理想の詰め物・被せ物が完成します。

様々な事前シュミレーションを経て完成形を作成

方程式2 オーバルコート歯科室が考える「美の基準10」

オーバルコート歯科室が考える「美の基準10」

単に白く綺麗な人工歯を作るだけが審美歯科治療ではありません。
当院では、次の10の基準に基づき、審美歯科治療を行っています。


歯の形態

歯の形態

他の形態1つで口元のイメージが変化します。カウンセリングで得られた情報をもとに、形態を決定します。

顔貌との調和

顔貌との調和

体の中心ラインを「正中線」というのですが、この線に上下の歯の中心が合わさることで顔貌と口元のバランスが取れることになります。

唇との調和

唇との調和

笑ったときの上の歯の他の縁を線で結んだライン。緩やかな弧を描くほど女性的な魅力が高まり、水平になるほど男性的な印象になります。

歯の特徴付け

歯の特徴付け

歯は皆さんが想像されている以上に複雑な形をしています。この形に近づけることにより天然歯と見分けがつかない歯が出来上がります。

性別

性別

男性・女性で理想とされている歯の形というものがあり、その中でもさらに細分化されます。あとでご紹介します。

肌の色

肌の色

肌の色とバランスをとりながら、美しく見える色の濃淡・深み・明度・彩度を微調整していきます。

年齢

年齢

個々人の好みによって変化しますが、一般的には年相応の歯の形・色が存在し、それに近づけることで自然な口元を演出します。

バリエーション

バリエーション

審美歯科治療で用いる素材は様々なものがあります。お口の状態・患者様の理想によりそれらを使い分けます。詳しくは料金表をご覧ください。

歯の配列・位置

歯の配列・位置

形・色だけでなく、お口全体のバランスを考えた人工歯の配列・位置も大切となります。

相対的歯冠長

相対的歯冠長

黄金比率 (1.6、1.0、0.6) に基づき、配列を計算しながら治療を行うことで、バランスのとれた整合性のある形を追求します。

色々とありますが、要はこれらすべてを考慮することで、はじめてあなたに調和した、そしてオリジナルの歯が出来上がります。

方程式3 「歯周形成外科」で歯肉の審美静も獲得

「歯周形成外科」で歯肉の審美静も獲得

「口元の美しさ」は「歯の美しさ」だけでは達成はできません。
「歯茎(歯肉)の美しさ」も達成されて初めてバランスの取れた口元の美しさが達成されます。
この歯茎(歯肉)の美しさを達成させるための手法を「歯周形成外科」と言います。

歯周形成外科とは歯肉の位置を移動したり、歯肉結合組織等を移植したりすることにより、歯肉のバランスを整える手法です。歯周形成外科とかぶせ物とを組み合わせた審美歯科症例を以下ご紹介します。

「歯周形成外科」で歯肉の審美静も獲得

歯周形成外科は非常に高度な技術を必要としますので実施している医院さんはそれほど多くはありません。
歯肉の美しさも兼ね備えた最高の美を求める方は一度当院にご相談ください。

方程式4 卓越した技術を持った「審美歯科の匠」

卓越した技術を持った「審美歯科の匠」

●

皆様はあまりご存じないかもしれませんが、詰め物・かぶせ物は歯科技工所という別のところで作成します。
1から100まですべて歯科医師が作るわけではありません。
つまり、いくら歯科医師の能力が高くとも、連携している歯科技工所の能力が高くなければ決してよい技工物(詰め物、かぶせ物)は作れないということです。
したがって、どの技工所と連携しているかで詰め物・かぶせ物の良し悪しが変わってきます。当院では技工物の種類によって、その技工物を専門で 扱っている5つの技術の高い技工所さんと連携し、話め物・かぶせ物を作成しています。

通常、歯科技工士さんとは患者様のお口の画像や模型などを通して作業を行います。
しかし、難しい症例の場合、歯科技工士さんに直接医院に来て頂き、患者様とのカウンセリングやお口の状態の確認等を当院では行っています。この取り組みも当院ならではの特徴です。

方程式5 お口全体を俯瞰し、最高の美を創造する「総合治療」

お口全体を俯瞰し、最高の美を創造する「総合治療」

総合治療とは、お口全体の美しさ、健康、バランス、機能性を考慮した治療のことです。
例えば、右の画像の患者様から「前歯2本を審美歯科治療で白く、美しくしたい」というご要望があったとします。当院では、その2本の歯にセラミックのかぶせ物をして治療終了とはいたしません。なぜならば口元の美は一部の美しさだけではなく、全体のバランスを考えて初めて達成されるためです。例えば、いくら白い歯を手に入れたい方といっても、前歯2本だけ真っ白な歯にした場合どうなるでしょうか?その2本だけ色が浮いてしまい、全体美とは程遠い結果となります。

また、お口の状態によっては、そして患者様が望まれる場合、審美歯科治療ではなく、部分矯正治療が適していることもありますし、歯肉移植術(歯茎再生治療)インプラント治療が必要なこともあります。

患者様のご要望をよく伺い、全体美を考慮した治療法をご提案させて頂きます。

審美歯科治療は自費治療になります。
費用については自費料金表をご参考下さい。


  • Topへ