ホワイトニングWhitening

ホワイトニングについて ホワイトニングについて

ホワイトニングは、別名ブリーチングとも呼ばれ、歯の表面に付着した色素等を落とすだけでなく、歯自体を薬剤(主に過酸化水素)の力で漂白していく方法です。
生まれつきの黄ばみ、加齢による変色、抗生物質の副作用で起きた変色など、歯質内部の色素を分解し、歯の表面に付着した頑固な汚れも分解します。
歯が白く輝くようになると清潔感が増し、さらに表情や顔色も明るい印象に変わります。また歯が白いと、実年齢より若く見えるようになるとも言われます。口元の美しさは、見た目の印象を格段にアップさせるのです。

こうしたホワイトニングには、歯科医院内でホワイトニングを行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でマウスピースを使うことによって行う「ホームホワイトニング」の二つの方法があります。

それぞれのメリット、デメリットを挙げながらご説明しましょう。
また神経が無い歯だけに行えるホワイトニングである、ウォーキングブリーチについても併せてご紹介いたします。


オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、「歯科医院で」漂白を行う方法です。

メリット

各種薬剤や、レーザーなどの光照射を用いるため、回数・期間が短く、患者様ご自身が自宅で漂白を行う煩わしさがありません。また、歯科医師や歯科衛生士による的確な処置が可能な上、医師らとのコミュニケーションを図りながら行える安心感もあります。

デメリット

短期間で色が後戻りしやすい点が挙げられます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、専用の薬剤とマウスピースを使い、患者様ご自身が「ご自宅で」漂白を行う方法です。

メリット

通院回数が少なくて済み、特別な機械を必要としない手軽さがあって、忙しい方にも、気軽に行えます。また回数の調整により、ご自身に合わせたホワイトニングが可能で、オフィス以上に透明感、自然感のある漂白が可能です。オフィスホワイトニングよりも持続性が高く、長期にわたって自然な白さが続きます。

デメリット

ホワイトニング中は飲食物の制限をしなければならなかったり、比較的長時間の漂白が必要になったりするほか、薬剤による違和感が生じたり、薬剤を誤嚥したりする可能性も出てきます。

ウォーキングブリーチ

虫歯の治療により神経を抜いてしまった歯は、月日の経過とともに次第に黒っぽく変色してしまうことがあります。
ウォーキングブリーチは、こうした神経が無い歯だけに行えるホワイトニングです。
ウォーキングブリーチは、神経を抜いた後の穴に、過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混合したホワイトニング剤を注入し、徐々に歯に浸透させていくホワイトニング法です。ウォーキングブリーチは、神経が無く、しかも被せ物や大きな詰め物が無い歯の変色に有効です。治療回数は通常3~5回です。


  • Topへ