静脈内鎮静法 INTRAVENOUS SEDATION

静脈内鎮静法 静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、静脈から薬剤を点滴し、意識が薄れた状態を作る方法を言います。

虫歯治療などでも使用する局所麻酔は、痛みは軽減できますが、意識がハッキリしているため、不安や恐怖、緊張は軽減できません。
虫歯治療の、歯を削る「キーン」という音が苦手な人も少なくないと思いますが、痛みがなくても、音や振動が伝わってくるのは、大きなストレスになるものです。
静脈内鎮静法は、ウトウトとした半分眠っている状態を作るため、治療中のストレスを軽減できます。
そのため、静脈内鎮静法を使用してインプラント手術を受けた患者様は、「目が覚めたら手術が終わっていた」「手術時間が短く感じられた」などと言います。

手術は局所麻酔を併用して行います

静脈内鎮静法には、鎮静効果がありますが、痛みを抑える効果はありません。そのため。静脈内鎮静法と局所麻酔のどちらも使用して治療を行うのです。

このような患者様には静脈内鎮静法による手術をお勧めしています

次に当てはまる患者様には、特に静脈内鎮静法による手術をお勧めします。

  • 嘔吐反射が強い方
  • 全身疾患をお持ち方や全身管理の元で治療が必要な方
  • 治療に対する恐怖心が強い方(歯科恐怖症の方)
  • インプラントの埋入本数が多い方・治療範囲が広い方
  • 治療中に気分が悪くなったことがある方
  • 気楽にインプラント治療を受けたい方
  • など

静脈内鎮静法のメリット・デメリット

メリット

  • 意識が全くなくなるわけではないので、呼びかけに応じられる
  • 全身麻酔のような呼吸管理が必要ない
  • 全身麻酔とは異なり、入院の必要がない
  • 血圧や心拍数が安定する

など

デメリット

  • 麻酔からの回復は早いが、手術直後は眠気が残る場合がある
  • 手術当日は自動車の運転や激しい運動はできない
  • アレルギーがある場合に、適用にならない場合もある

など

静脈内鎮静法の最大のメリットは安全性の高さ

静脈内鎮静法の最大のメリットは、安全性の高さと言えます。安全性が高く、手術終了後は速やかに麻酔効果がなくなります。
また、静脈内鎮静法をより安全に使用するために、麻酔専門医が全身管理を担当し、生体情報モニターで心拍数や血圧などを管理します。
オーバルコート歯科室のオペスペースは、全身麻酔にも対応できる麻酔装置を完備し、安全に麻酔の使用ができる環境を整えています。


  • Topへ