小児歯科Pediatric dentistry

小児歯科について 小児歯科について

小児歯科について

子どもたちのための歯科です。医科の小児科と同じように、子どもさんを専門に、歯と歯茎の疾患の予防や保健指導、治療をしています。専門の知識と技術を持った歯科医師とスタッフ、および設備で対応しますから安心です。 さて小児の乳歯は、永久歯に比べてとても軟らかく、そして小さい歯なので、虫歯に「かかりやすく」、しかもその「進行が速い」のが特徴です。
当院の小児歯科では、お子様のそうした虫歯の治療はもちろん、個々の成長・発育に合わせたお口の管理(定期検診)を行っています。

お子様の歯の生え変わりの時期は個人差が大きく、乳歯で3~6ヶ月ぐらい、永久歯では1~2年も異なってくることがあります。乳歯は生え変わるのだからと言って、おろそかには出来ません。乳歯は「食物を噛む」「発音を助ける」「顔の形を整える」「永久歯が正しく生えるための道筋を整える」など、とても大切な役割を担っていますし、虫歯になってしまうと、その下にある永久歯にも影響が出かねません。 乳歯の頃からしっかり歯科治療を行うことで、永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、将来、充実した食生活を送ることが出来るようになるのです。
当院では、虫歯予防のために「フッ素塗布」や「シーラント」などで歯質強化を図ることにより、お子様の大事な歯を守るとともに、その健やかな成長をサポートしていきます。

フッ素塗布

フッ素は、お子様の歯質を強くし、虫歯菌が出す「酸」に強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めると言われます。特に乳歯や生え変わったばかりの永久歯に効果的です。また、軽度の虫歯の原因部分の修復(再石灰化)を促し、虫歯の進行を防いでくれます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を、薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐ、虫歯予防法です。
まだ幼いうちは、奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りづらいものです。そのため、毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがあります。しかしシーラントで奥歯の溝を塞げば、奥歯の溝に発生しがちな虫歯を防ぐことが出来ます。

3DS治療

虫歯や歯周病は、口の中に悪玉細菌が増えることによって起こる感染症です。歯周病、虫歯のどちらについても感染しやすい人と感染しにくい人がおり、大きな個人差があります。その差の要因の一つが、口腔内の悪玉細菌の種類、および量です。
3DS(Dental Drug Delivery System)は虫歯や歯周病を予防するために、口の中を除菌し、悪玉細菌が増えにくいようにする治療法です。
「口内を除菌する」と言うと大げさなイメージをもたれがちなのですが、基本的には患者様用のマウスピースを作成して、ジェル状の3DS薬剤をマウスピースの内側に塗布して歯に被せ、薬剤を直接細菌に作用させる簡単な治療です。
3DS治療は口の中の悪玉細菌を減らすため、虫歯や歯周病に対する予防効果があります。

ムーシールド

ムーシールドは乳歯列期(乳歯が生え揃ってから永久歯が生え始めるまでの時期)に、いわゆる受け口(反対咬合)を改善する装置です。乳歯列期に治療を行うことにより、正常な顎骨の成長発育を促し、永久歯の正常な生え変わりをもたらします。就寝時にこの装置を装着すると、舌や口腔周囲筋の状態が整えられるため、反対咬合が改善します。


  • Topへ