矯正歯科 Orthodontics

医療法人社団KDS 理事長 小林 伸   Shin Kobayashi  D.D.S.,Ph.D. 医療法人社団KDS 
理事長 小林 伸
Shin Kobayashi D.D.S.,Ph.D.

略歴

岡山大学歯学部卒業

東京医科歯科大学矯正科


資格

日本矯正歯科学会認定医


矯正歯科について 矯正歯科について

当院では日本矯正歯科学会認定医によるお子様から成人の方までの幅広い矯正歯科治療を行っております。
歯並びや咬み合わせでお悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。
※矯正日については受付またはお電話にてお問い合わせください。

矯正治療とは単に見た目をよくするためだけのものではありません。
矯正治療はよくない歯並びや咬み合わせ(不正咬合)を改善し、虫歯や歯周病の予防に有利な状態にするとともに、お口の様々な働きをより健康な状態にしていく治療です。

また、美しい歯並びは健康面だけではなく、精神面にもとても良い影響を与えます。
最近では、アンチエイジングといった側面からも、矯正治療が注目され始めています。

悪い歯並びや咬み合わせが悪いと・・・
歯がよく磨けないため虫歯や歯周病などになりやすい
よく噛めないことで胃腸に負担がかかる
上下のあごの発育や顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす
正しい発音がしにくくなる
人前で笑えないなど見た目を気にすることで心理的な問題を起こす事がある

↓

矯正後は・・・
虫歯や歯周病のリスクが大幅に減る
よく噛めるようになって胃腸の消化を助ける
口元が整い表情が美しくなり、見た目の自信につながる

このようなお悩みはご相談ください

  • こんなにデコボコなのに綺麗に治るのかな?
  • 矯正治療を受けてみたいが不安があり、相談だけでも受けてくれるのかな?
  • 矯正治療はいつごろから始めたらいいのかな?
  • 矯正装置が目立つのが嫌なので目立たない方法があるのか知りたい
  • 仕事や学校があるので治療期間がどれくらいか気になる

※当院では、矯正無料相談会も行っておりますので、まずは気軽な気持ちでご相談ください。
(日時はトップページのお知らせ欄でご確認ください)

お子様の矯正

お子様は、乳歯と永久歯が混在している時期に矯正治療を行うことがおすすめです。
大人になってからでも治療はできますが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。
なぜなら成人後はあごの骨の成長が終わってしまっているため歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供は成長段階にあるため、ある程度あごの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。

大人の矯正(成人矯正)

全ての歯が永久歯になった状態(永久歯列期)からはじめる矯正治療です。
ブラケット(矯正装置)などの矯正器具をつけ、より良い咬み合わせを作ります。
基本的に虫歯や歯周病などのお口の病気がなければ、何歳からでも成人矯正治療は可能です。

主な矯正治療法について

当院では、お一人おひとりの咬み合わせの状態やご予算など、ご希望を伺いながら治療法を決めてまいります。
治療法にはそれぞれメリットデメリットがございますので、事前にきちんと説明しご納得していただいた上で治療を進めてまいりますのでご安心ください。
治療法や費用について不明点やご不安等ございましたらお気軽に医師にご相談ください。

マルチブラケット(メタルブラケット)

歯の表側に付ける金属性のブラケットです。矯正治療と聞いて多くの人が知っているのがこの金属製のブラケットかと思います。
金属製のメタルブラケットは丈夫で、多くの不正咬合の種類に対応することができます。また、他の装置に比べて安価なため、治療費をおさえることができます。
但し、装置が銀色のため目立つのが嫌な方には向いていません。

マルチブラケットの目立たない矯正

一般的な矯正治療(マルチブラケット)と同じですが、装置自体が透明または白色のため通常よりも目立ちにくく見た目にすぐれています。
メタルブラケットと同様に多くの種類の不正咬合に対応することができます。透明や歯の色に近い白いブラケットのため、装置がメタルブラケットよりも目立ちにくく、非金属製のブラケットは金属アレルギーの方でも治療ができます。

裏側・舌側の見えない矯正

裏側矯正(舌側矯正)とは、通常の矯正では歯の表側に付ける矯正装置(ブラケット)を歯の裏側に付けることで、矯正治療中であることを回りの人に気づかれずに行える治療です。
この治療方法が開発された当初は、綺麗に歯が並ばない、治療期間が長い、などの問題点が多くありましたが、最近では技術の進歩により超弾性ワイヤーの開発や、治療行程の工夫などにより、格段に良くなってきました。

インビザライン(マウスピース矯正)

従来の矯正装置(ブラケット装置)による矯正に抵抗があるという方のために、当院では取り外しができるインビザライン(マウスピース矯正)を導入しております。
特徴は目立たないことをはじめ、発音障害、違和感等の負担を軽減させる事が可能です。
インビザライン(マウスピース矯正)の装着は違和感が少ないため、日常生活にも支障がありません。
受診の際に治療の進行状況を確認しながら、新しいインビザライン・マウスピースをお渡しいたします。
ご自身で簡単に取り外し可能なので、食生活もこれまで通りでき、歯磨きやフロスにも影響がないので、歯と歯周組織をこれまで通り健康に保つことができます。

ムーシールド

ムーシールドは、受け口の治療に使用するマウスピース型の矯正装置のことです。
就寝時のみの使用で治療効果が期待出来ます。
このムーシールドの使用により、反対咬合は早い時期からのアプローチが可能になり3歳児からの治療が可能になりました。

スポーツマウスピース(マウスガード)

スポーツ用マウスピース(マウスガード) とは、激しいスポーツや運動を行う際に、お口や顎の怪我を予防することを目的とした専用のマウスピースです。
弾力性のある素材で、上の歯全体を覆うように作られています。
マウスピースと聞くと、ボクシングなどでは既におなじみですが、スポーツ界ではそのマウスピース(マウスガード)の効用について認知されつつあり、各競技団体の装着義務化や推奨によって使用者が年々増加しています。
昨今では、少年野球チームや、中・高等学校でのクラブ活動などでも普及の広がりをみせています。


  • Topへ