安全で清潔な院内環境への取り組み Dental-outpatient-care-environment 安全で清潔な院内環境への取り組み Dental-outpatient-care-environment

装置や器具について 装置や器具について

安心して患者様に来院して頂くために、国際基準の滅菌器 (ヨーロッパ滅菌基準 EN13060 Class Sに準拠)を導入しています。

アイクレーブとオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

真空の状態と蒸気で高圧力をかけた状態を繰り返すことで、細菌やウイルスを死滅させることが出来る滅菌機です。
患者さまの安心、安全のためにお口に入る器具は、治療ごとに全て滅菌消毒しています。ピンセットやミラーなどの基本的な器具はもちろん、歯を削ったり、クリーニング等に用いるハンドピースやバーも全て、患者さん毎に滅菌をしております。

その他の装置や器具について

  • 口腔外バキューム
  • 自動体外式除細動器(AED)
  • 酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
  • 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
  • 血圧計
  • 救急蘇生セット(薬剤を含む)
  • 歯科用吸引装置

など

歯科外来診療環境体制加算について 歯科外来診療環境体制加算について

歯科外来診療環境体制加算とは、歯科診療時における偶発症など緊急時の対応や感染症対策として、適切な装置や医療器具の設置などを行い万が一の際に迅速に対処できる環境や体制を整えていることを表します。
オーバルコート歯科室は厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、地方社会保険事務局長に届け出た保険医療機関として認可されております。


歯科外来診療環境体制加算の施設基準 歯科外来診療環境体制加算の施設基準

施設基準を満たすためには、口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者さまごとの交換や、専用の洗浄・滅菌処理を行える機器の導入などさまざまな条件が必要となります。


  • 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策などの医療安全対策に関わる研修を修了した、常勤の歯科医師や歯科衛生士がどちらも1名以上配置されていること。
  • 歯の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、口腔外バキュームなどを設置していること。
  • 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベまたは酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること。
  • 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
  • 口腔内で使用する歯科医療機器などについて、患者さまごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底して行える設備を整えていること。
  • 感染症患者さまの歯科診療について、ユニットの確保などを含めた診療体制を常に確保していること。

  • Topへ